トラブル解決プラットフォーム
ホーム弁護士を探すカケコムメディアトラブル解決Q&A
弁護士の方はこちら
詐欺被害・消費者被害
バーでのぼったくりについて
相談者
作成日: 2020/03/05
先日、マッチングアプリで出会った女性とバーに行きました。
そのバーはその女性が行ってみたい店ということで着いていったのですが、そちらで10万円を超える金額を請求されました。
取り急ぎ手持ちの5万円ほどを支払い、それからそのバーには行っていないのですが、お金を取り戻すことはできますか?
また、今後そういった際はどのように対応するのが正しいのでしょうか。
回答: 1
コメント: 1
遠藤千尋
作成日: 2020/03/08
回答させていただきます。

飲食店での食事代も契約になりますから、通常であれば事前に料金の説明があると思います。その説明された料金よりも多額な金額を請求されたのであれば、そもそもそのような金額での注文はしていないということでの、契約の無効を主張し、払ったお金を全額取り返すことができる可能性があります。また、支払いの際に、「払わないと痛い目に合う」などと脅されていたのであれば、詐欺・強迫による契約として取り消しができる可能性があります。したがって、無効・取引を主張し、お金を取り返すことは可能です。

対応としては、警察に被害届を出すことが考えられます。一般的に警察は「民事不介入」といって、通常の取引の範囲での揉め事であれば介入しません。しかし、脅されたり暴行されたといった場合には、介入してくれることがあります。その場合でも、一緒にお店まで同行して返金の請求までしてもらえるかどうかは、ケースバイケースなので、なんとも言えないです。
もちろん弁護士に相談し、お店と交渉してもらうことも考えられます。しかし、弁護士の交渉には10万円以上かかる可能性があるので、あまり費用対効果として高くないことが考えられます。

以上のように、今回の場合に限って申しますと、お金を取り戻すことにはコスト高になる可能性がありますので、やはり予防が大切だと思います。
予防の方法としましては、まずはお店に入った際に料金を確認し、怪しそうと思ったらその際メニューなどを写真に撮ること、会計の際に明細をもらい、最初に説明された以上は支払わないと主張すること、何か脅されたりしたら迷わず警察を呼び、お金を払わないことが一番かと思います。
いいね: 1
相談者
作成日: 2020/03/09
中途半端にどうすれば良いか迷っていましたが、スッキリしました。
今回は勉強料だと思って、今後このようなケースがあることを想定して動こうと思います。
有難うございました。
いいね: 1

注目のQ&A


同棲していた彼への制裁
離婚・男女問題
: 1
: 0
お金を借りた相手がストーカーになりました。
離婚・男女問題
: 1
: 0
養育費、慰謝料について
離婚・男女問題
: 1
: 0
音声証拠で立証できますか
離婚・男女問題
: 1
: 0
お金をネットで配布する人について
インターネット問題
: 0
: 0
ダブル不倫の慰謝料請求されています
離婚・男女問題
: 0
: 0
私の書き込みに問題はありますか
インターネット問題
: 0
: 0
私学幼稚園の過失により怪我をさせられたにもかかわらず除籍処分を通告された
犯罪・刑事事件
: 0
: 0
男性側からの離婚
離婚・男女問題
: 0
: 0
親の離婚後の自分の戸籍
離婚・男女問題
: 0
: 0

カテゴリー内の注目のQ&A


出資時の説明が事実と違った
詐欺被害・消費者被害
: 0
: 0
バーでのぼったくりについて
詐欺被害・消費者被害
: 1
: 1
痴漢冤罪
詐欺被害・消費者被害
: 1
: 0
食中毒対応
詐欺被害・消費者被害
: 0
: 0

詐欺被害・消費者被害の関連記事


もし誹謗中傷されたら?あなたの身を守る法的な有効手段3つを現役弁護士が解説
詐欺被害・消費者被害
死因贈与とは|方式・遺贈との違い・遺留分との関係はどうなっている?
詐欺被害・消費者被害
カケコム認定の離婚弁護士から最短30分で見積りをもらえる!〜カケコム認定弁護士による見積もりサービス〜
詐欺被害・消費者被害
尾行や写真撮影はプライバシー侵害として違法にならないの?
詐欺被害・消費者被害
Twitterや掲示板での悪口・誹謗中傷、訴えられますか?犯人の特定はどうするの?
詐欺被害・消費者被害
盗聴器の発見方法とは?〜知っておけば役立つ!自分の情報は自分で守りましょう〜
詐欺被害・消費者被害