トラブル解決プラットフォーム
ホーム弁護士を探すカケコムメディアトラブル解決Q&A
弁護士の方はこちら

民事訴訟の判決による支払い義務について

親族からの嫌がらせにより、民事裁判の被告なっております。 裁判では、相手方の嘘や捏造などにより、当方が不利な状況となっておりますが、それが虚偽だということを証明することができないため、多額の支払い命令の判決となる可能性を危惧しております。 もしそうなった場合、全額の支払いを直ぐにすることは経済的に困難と考えられるため、少しずつ支払っていくということになると思うのですが、その場合は、資産や銀行口座の差し押さえなどを相手方がすることは可能となってしまうのでしょうか。 相手方は、悪意が極めて強いため、できる限りのことは全てやってくると思われます。

回答: 1
コメント: 2
福岡宏保
借金・債務整理、離婚・男女問題、交通事故、遺産相続、労働問題、債権回収、詐欺被害・消費者被害、犯罪・刑事事件、不動産、企業法務
北海道・札幌市中央区
2021/09/24
仮に判決となり、控訴等をせずに判決が確定した場合や、判決に仮執行宣言が付いた場合には、原告は判決に基づき預貯金の差押えを含む財産に対する強制執行を行うことが可能となります。強制執行を避けたいという場合には、原告の承諾が必要にはなりますが、分割払いなどによる和解によって解決したうえで、和解した内容に従って任意での支払いを継続する必要があります。原告が和解に応じないという場合には、判決となってしまうため、差押えを避けることは極めて難しいと思われます。 そもそも、原告の請求に疑義があるのであれば、その対抗策も含めて、早めにお近くの弁護士に依頼されることをお勧めします。
いいね: 1
相談者
作成日: 2021/09/24
ご丁寧なご回答ありがとうございます。大変参考になります。 可能であれば追加でお聞きしたく思います。 仮に差し押さえになったとしても、無いものは無いわけで、払えるお金が無ければ強制的に回収することは難しいと思うのですが、その場合はどうなるのでしょうか。 支払えないということで、何かしらの罪などになって、逮捕されたり、個人としての権利が侵害されたりするということになるのでしょうか。 よろしくお願い致します。
いいね: 1
福岡宏保
作成日: 2021/09/24
仮に支払えないとしても払えないこと自体が犯罪行為として罪になるわけではなく、犯罪ではないので逮捕されることもありません。 ただし、判決後には、原告は財産開示手続きという手続きを行うことができますところ、この手続きについて裁判所から出頭が求められた場合に、それを無視したり、虚偽の財産開示をしたような場合には、6か月以下の懲役又は50万円以下の罰金がかされることがあります。また状況により逮捕されるという可能性もゼロではありません。したがって、判決後財産開示手続きまで至った場合には注意が必要です。
いいね: 1

注目のQ&A


隣接する部屋からの嫌がらせによる物音及び電磁波機器による嫌がらせを受けています。
犯罪・刑事事件
: 0
: 0
彼女の家でのトラブル
離婚・男女問題
: 0
: 0
歩行中、停止中の車にぶつかって、損害賠償請求された
交通事故
: 1
: 0
市から虐待のレッテルを貼らています。
離婚・男女問題
: 0
: 0
ネットで卑猥な写真を求めました
インターネット問題
: 0
: 0
肖像権の侵害について
インターネット問題
: 0
: 0
親に肩代わりしてもらった学費の返済について
借金・債務整理
: 1
: 0
交通事故と病院での転倒について
交通事故
: 0
: 0
離婚して親権をとりたい。
離婚・男女問題
: 1
: 0
夫との離婚を考えている
離婚・男女問題
: 1
: 0

カテゴリー内の注目のQ&A


親に肩代わりしてもらった学費の返済について
借金・債務整理
: 1
: 0
父親の死後、父親名義の通販サイトの請求書が届きました。支払い義務はありますか?
借金・債務整理
: 2
: 0
民事訴訟の判決による支払い義務について
借金・債務整理
: 1
: 2
22歳無職です。生活保護を受給したいです。
借金・債務整理
: 1
: 0
差し押さえの割合について
借金・債務整理
: 1
: 1
自己破産申請時の浪費とはなんですか?
借金・債務整理
: 1
: 0
返済ができません
借金・債務整理
: 1
: 0
消費者金融からの取り立てについて
借金・債務整理
: 0
: 0

借金・債務整理の関連記事


時効援用通知書の書き方や費用、注意点について弁護士が解説【無料テンプレート有り】
借金・債務整理
自己破産するとテレビ・パソコン・スマホ等の家具・家電も差し押さえられてしまう?弁護士が解説
借金・債務整理
パチンコによる借金は自己破産できない?免責許可決定を得るには?弁護士が解説
借金・債務整理
時効の援用とは?借金を返済しなくて済む?注意点を踏まえ弁護士が解説
借金・債務整理
自己破産するとiDeCoはどうなる?
借金・債務整理
ギャンブルによる2回目の自己破産は可能?
借金・債務整理