トラブル解決プラットフォーム
ホーム弁護士を探すカケコムメディアトラブル解決Q&A
弁護士の方はこちら

相続時の問題点

父は未上場の中小企業創業者で、自社株式を保有しておりますがこの度引退に際して息子の自分に株式を相続することを検討しています。 ①相続税の問題 父の会社の純資産は7,000万円程度になりますが 純資産ベースで株式価値を換算した場合、相続税が高すぎて支払うことができません。 その場合、株式の相続はできず、相続を放棄をするしかないでしょうか? ②遺産相続の分配の話 家族構成は父・母・姉・私です。 株式の他の財産は自宅(4,000万円程度)ですが、 株式を相続した場合、自宅の相続権は私にないものと 考えるべきでしょうか? 以上、よろしくお願い致します。

回答: 1
コメント: 0
岡本順一
遺産相続、離婚・男女問題、借金・債務整理、交通事故、労働問題、債権回収、詐欺被害・消費者被害、国際・外国人問題、インターネット問題、犯罪・刑事事件、医療、不動産、企業法務、税務訴訟・行政事件
東京都・渋谷区
2020/10/17
まず、①相続税の件ですが、相続放棄以外にいくつか方法がございます。 具体的には、主に、 ・配当金や退職金を支給することにより、株価を下げ、相続税の負担額を下げるという方法 ・1月1日~12月31日までの間(暦年)に110万円以下の生前贈与を毎年行う(ただし、相続開始前の3年以内の贈与は、相続財産に持ち戻されてしまうので、注意が必要) ・事業承継税制の適用を検討する などの方法が検討可能かと思います。 いくつかの方法を組み合わせることも考えられますが、 どういった方法が最も有効であるかについては、もう少し具体的な事情を踏まえて検討する必要があります。 次に、②についてですが、 父を被相続人とする場合、 相続人である母・姉・私の法定相続分は、それぞれ母1/2、姉1/4、私1/4となります。 株式7000万円+自宅4000万円(合計1,1億円)が全遺産と仮定した場合、 法定相続分に従うと、本来、母5500万円(1/2)、姉2750万円(1/4)、私2750万円(1/4)の割合で遺産を相続することになります。 遺言書により、相続財産の分け方について指定することも可能ですが、遺留分という制度がございますので、「私」が全株式を相続する場合、これ以外に自宅まで相続する形にしてしまうと、他の相続人との関係で、この遺留分を侵害することになりそうなので(母の遺留分割合1/4:2750万円、姉の遺留分割合1/8:1375万円)、後々遺留分減殺請求権を行使される可能性は残ります。 なお、他の相続人が納得し、了承する場合(遺留分減殺請求権を行使しない場合あるいは遺産分割協議で合意するような場合)は、自宅も相続することも可能です。
いいね: 1

注目のQ&A


DVモラハラがありスムーズに離婚できない。
離婚・男女問題
: 1
: 0
婚姻費用請求について
離婚・男女問題
: 3
: 0
22歳無職です。生活保護を受給したいです。
借金・債務整理
: 1
: 0
公的文章についてお聞きしたいです。かなり悩んでます。
労働問題
: 1
: 0
親が実家に戻るのを反対しています。実家に戻ることは可能ですか。
不動産
: 2
: 1
両親が離婚しそうです。
離婚・男女問題
: 2
: 0
不倫相手慰謝料再請求と夫誓約書再度作成サイン
離婚・男女問題
: 2
: 0
アパート退去時の立ち会いについて
不動産
: 2
: 0
購入した物件の修理を施工した会社にお願いしたい
不動産
: 1
: 0
公務員がスポーツ大会の審判をしたとき、日当を貰ってよいか?
労働問題
: 1
: 0

カテゴリー内の注目のQ&A


実家の家業における相続対策について
遺産相続
: 1
: 0
相続時の問題点
遺産相続
: 1
: 0
3兄弟での遺産相続における取り分の決め方について。何を目安にすべきですか。
遺産相続
: 1
: 1
両親と縁を切りたい、遺産相続を放棄したい
遺産相続
: 0
: 0
曽祖父、祖母の相続について
遺産相続
: 1
: 0
養子縁組について
遺産相続
: 1
: 0
兄弟間で相続問題が起きています
遺産相続
: 1
: 0

遺産相続の関連記事


もし誹謗中傷されたら?あなたの身を守る法的な有効手段3つを現役弁護士が解説
遺産相続
死因贈与とは|方式・遺贈との違い・遺留分との関係はどうなっている?
遺産相続
カケコム認定の離婚弁護士から最短30分で見積りをもらえる!〜カケコム認定弁護士による見積もりサービス〜
遺産相続
尾行や写真撮影はプライバシー侵害として違法にならないの?
遺産相続
Twitterや掲示板での悪口・誹謗中傷、訴えられますか?犯人の特定はどうするの?
遺産相続
盗聴器の発見方法とは?知っておけば役立つ!自分の情報は自分で守りましょう
遺産相続