トラブル解決プラットフォーム
ホーム弁護士を探すカケコムメディアトラブル解決Q&A
弁護士の方はこちら

(株)同族経営 社長の解任権限について

同族経営、株式会社です。 社長の権限、解任について質問です。 先代(20年前に他界)のあと先代の息子二人で経営を引き継ぎ現在に至ります。 先代の長男が代表取締役社長、次男は専務として20年が経ちますが考え方の相違が多く今後は難しそうなので教えてください。 社長の持ち株49% 次男、その他の家族で51%を保有。 社長以外、次男他全員一致で社長解任を希望しています。 ①社長が弟や他の取締役を社長の一存で解雇する事は可能ですか? ②業務上の決定権は全て社長にありますか? 部下の意見は聞かず、社長が決めた事には従わないとなりませんか? ③株を50%以上保有しているため 株主総会を開催し社長を解任することは可能ですか? (株を所有して一定期間を経過しないと効力がないなどありますか?注意事項などもあれば合わせて教えてください。株の所有が過半数を超えて1年経過していません。) ④会社に借金は無く会社名義の土地などは今後どのようになるのでしょうか。

回答: 2
コメント: 0
馬場龍行
企業法務、離婚・男女問題、借金・債務整理、交通事故、遺産相続、労働問題、債権回収、詐欺被害・消費者被害、国際・外国人問題、インターネット問題、犯罪・刑事事件、医療、不動産、税務訴訟・行政事件
東京都・千代田区
2021/04/30
①いいえ、できません。取締役の解任の権限は株主総会にあります(会社法339条)。 ②はい、原則として決定権は社長にあります。従わないといけないかどうかというのは個別の判断と言わざるを得ませんが、決定内容が法令違反等の事情がない限り、従うべきものになるでしょう。 ③可能です。ただし、正当な理由がない解任は損害賠償請求の対象となります(会社法339条2項)。任期満了時に再任しないというのが最も穏当な方法ですが、任期満了までかなり期間がある場合には、損害賠償請求を覚悟して解任することを検討することになるでしょう。 ④質問の意図が理解できていませんが、会社の財産は譲渡等がない限り今後も会社の財産です。
いいね: 1
岡本順一
企業法務、離婚・男女問題、借金・債務整理、交通事故、遺産相続、労働問題、債権回収、詐欺被害・消費者被害、国際・外国人問題、インターネット問題、犯罪・刑事事件、医療、不動産、税務訴訟・行政事件
東京都・渋谷区
2021/04/30
以下ご回答申し上げます。 ①については、取締役の解任権限は株主総会にありますので、できない、という回答になります。 ②については、一般論としては、特段の事情がない限り、従うべき扱いになるかと思います。 ③については、可能です。ただし、正当な理由がない解任は損害賠償請求の対象となりえます ④については、一般論として、会社名義の財産は、別途譲渡等しなければ、そのまま会社の財産という扱いになるかと思います。
いいね: 1

注目のQ&A


人材紹介会社を通じて入社し、短期間で退社した場合の紹介料の支払いについて
労働問題
: 0
: 0
個人事業主の休業補償について
労働問題
: 1
: 0
これってどうするのが正しいですか
犯罪・刑事事件
: 1
: 0
隣接する部屋からの嫌がらせによる物音及び電磁波機器による嫌がらせを受けています。
犯罪・刑事事件
: 0
: 0
彼女の家でのトラブル
離婚・男女問題
: 0
: 0
歩行中、停止中の車にぶつかって、損害賠償請求された
交通事故
: 1
: 0
市から虐待のレッテルを貼らています。
離婚・男女問題
: 0
: 0
ネットで卑猥な写真を求めました
インターネット問題
: 0
: 0
肖像権の侵害について
インターネット問題
: 1
: 0
親に肩代わりしてもらった学費の返済について
借金・債務整理
: 1
: 0

カテゴリー内の注目のQ&A


クーリングオフ適用外、未成年契約取り消し
企業法務
: 1
: 0
二社間の法人社員同士の合同会社設立
企業法務
: 0
: 0
(株)同族経営 社長の解任権限について
企業法務
: 2
: 0
立ち上げ予定の”配車サービス”が法に触れないか?
企業法務
: 1
: 0
クレジットでの支払いについて
企業法務
: 1
: 0

企業法務の関連記事


ギャンブル詐欺の代表的な手口と被害に遭わないための対策を弁護士が解説
企業法務
水増し請求とは?損害賠償請求方法や水増し請求がバレた際の対処法を弁護士が解説
企業法務
金融商品詐欺の手口とは?被害の予防法や相談窓口を弁護士が解説
企業法務
交際あっせん詐欺の手口とは?被害事例や予防・対処法を解説
企業法務
約8割が「カード等の滞納で一括請求されるリスクを知らなかった」と回答。知っておきたいリスクを解説
企業法務
10%の人がコロナで何らかの支払いを滞納したと回答。滞納し続けるリスクを解説
企業法務