トラブル解決プラットフォーム
ホーム弁護士を探すカケコムメディアトラブル解決Q&A
弁護士の方はこちら

二社間の法人社員同士の合同会社設立

二社間の法人社員同士の合同会社設立の場合デッドロック しない方法は、 1、どちらかを代表社員にする事で回避できる。  2、職務執行者をそれぞれの法人から2:1の割合で配置する事で回避できる。 3、1と2の方法では回避できないので二社間ではなくもう一人業務執行社員に加える。  どれが可能なんでしょうか?もしくは他に定款で別途定めるということもできると思いますが 簡潔な方法はございますか?

回答: 0
コメント: 0

注目のQ&A


連帯保証人と早期退去違約金
借金・債務整理
: 0
: 0
子供へ遺産相続された不動産の現金化について
遺産相続
: 1
: 0
実兄のストーカー行為について
インターネット問題
: 0
: 0
繰り返しの退職勧奨について
労働問題
: 0
: 0
山下法律事務所 5DAYS
詐欺被害・消費者被害
: 0
: 0
5DAYS(塾)が保護者へ不信不当なやり方
債権回収
: 0
: 0
すぐに辞めれますか?
労働問題
: 0
: 0
弁護士から連絡がこない
交通事故
: 1
: 0
モラハラ離婚について
離婚・男女問題
: 1
: 0
水増し請求の可能性あり
詐欺被害・消費者被害
: 1
: 0

カテゴリー内の注目のQ&A


クーリングオフ適用外、未成年契約取り消し
企業法務
: 1
: 0
二社間の法人社員同士の合同会社設立
企業法務
: 0
: 0
(株)同族経営 社長の解任権限について
企業法務
: 2
: 0
立ち上げ予定の”配車サービス”が法に触れないか?
企業法務
: 1
: 0
クレジットでの支払いについて
企業法務
: 1
: 0

企業法務の関連記事


法テラスでの立替費用の返還を免除・猶予してもらうには?必要な要件を弁護士が解説
企業法務
法テラスは審査に落ちることも。審査基準や落ちたときの対処法を弁護士が解説
企業法務
法テラスの利用条件は?無料相談や費用の立替は本当にできる?弁護士が解説
企業法務
ギャンブル詐欺の代表的な手口と被害に遭わないための対策を弁護士が解説
企業法務
水増し請求とは?損害賠償請求方法や水増し請求がバレた際の対処法を弁護士が解説
企業法務
金融商品詐欺の手口とは?被害の予防法や相談窓口を弁護士が解説
企業法務